5αリダクターゼを阻害する効果のあるキャピキシル。ヘアサイクルを整えよう!

キャピキシルは抜け毛の原因となる5αリダクターゼの阻害に効果があります。
また、プロペシアなどの有効成分であるフィナステリドも同じような作用があります。

そもそも、抜け毛が増えるメカニズムはどうゆう流れになっているのでしょうか?

			
まずはこちらをぽちっと!

髪の毛は毛周期(ヘアサイクル)を経て生え変わります。

heasaikuru

基本的に男性は2年から5年、女性が4年から6年のヘアサイクルと言われています。
毛周期は「成長期」「退行期」「休止期」の3つにカテゴライズされます。

成長期・・・髪の毛を成長させるための周期です。この時に毛母細胞が活発に細胞分裂を繰り返しています。成長期の期間はおよそ2年から最大7年程度と言われていて、頭皮(髪の毛)の全体の80%が成長期であると言われています。

退行期・・・髪の毛の成長が終わった毛根(毛球部)が縮まる時期が退行期です。髪の毛を成長させるために行っていた細胞分裂が少なくなります。退行期の期間は2週間から3週間程度と言われています。全体の1%程度が退行期と言われています。

休止期・・・毛母細胞の細胞分裂が完全にストップする時期が休止期です。髪の毛が頭皮に置いてあるだけのような状態になりますので、自然と髪の毛は抜け落ちます。休止期の期間は2ヶ月から4ヶ月で全体の10%から15%程度と言われています。

髪の毛は通常の人でも1日に100本程度は抜け落ちていると言われています。しかし、薄毛の人はこのヘアサイクルが乱れていて全体の割合のバランスが悪くなっています。

 

AGA(男性型脱毛症)が発症すると休止期の割合が大きくなり、成長期が短くなります。成長期が短くなるということは髪の毛が成長仕切る前に抜け落ちてしまうということですので、髪の毛が徐々に少なくなっていき薄毛が目立つようになります。

つまり、薄毛を治すためにはこのヘアサイクルを整えてやる必要があるのです。

キャピキシルや成長因子を含む育毛剤には、このヘアサイクルを整えるための成分が多く配合されています。

そして、ヘアサイクルの大部分である成長期の期間は2年から最大7年程度と言われています。このサイクルが一度乱れてしまうと元に戻すのにもそれなりの時間がかかります。

 

なので育毛には根気が必要なのです。ですが、毎日キャピキシル配合の育毛剤を根気よく続けることで徐々にヘアサイクルが元に戻っていきます。

薄毛を治すためには継続してキャピキシルを頭皮に与えてやることが大切です。1ヶ月塗ってみたけどダメだったとかで諦めるのは早過ぎるのです。

数年単位で続けることで初めて効果が実感できると思います。諦めずに続けていきましょう!

本気で生やしたい人が使うべきなのは「キャピキシル」

kapu

これからの育毛に「キャピキシル」という育毛成分は必須です。薬局に売られているサク◯スなどを使っても気休めにもなりません。

本気で生やしたいならキャピキシル配合の育毛剤を取り入れましょう!

矢印

キャピキシルと併用がおすすめな育毛サプリ「ボストン」

副作用の心配がなく、プロペシアなどのフィナステリドと同じ5αリダクターゼの阻害に効果てきめんな育毛サプリ「ボストン」。ノコギリヤシは薄毛改善にイチ押しです!

ボストン

コメントを残す