キャピキシルにジェネリックなんてあるの!?通常よりも安く買えるのか!?

ネットを検索していると、キャピキシルにジェネリックがあるかどうかという検索語句をよく見かけます。結論からいうと、キャピキシルにジェネリック医薬品というのはないようです。

そもそも、キャピキシルは医薬品としてではなく、美容化粧品として開発されているものですのでジェネリックという概念そのものが通用しないのではないかと思います。

			
まずはこちらをぽちっと!

jenerikku

プロペシアやロニテンなどは医薬品の飲む育毛剤ですので、フィンペシアやエフペシア、ミノキシジルタブレットといったジェネリック医薬品の方がメジャーになりつつありますが、おそらくキャピキシル配合の育毛剤、「Deeper3D」や「ザスカルプ5.0C」などのジェネリックは出てこないのではないかと思います。

中にはキャピキシルのボントレスローションという製品もあるようですが、これはジェネリックなのでしょうか?

このところはイマイチはっきりしない情報がありますね。

兎にも角にも、今のところ効果がはっきりとしているキャピキシル配合の育毛剤は
Deeper3Dとザスカル5.0Cだけだと僕は思います。

 

また、キャピキシルの類似品はこれから多く市場に出回ってくることが予想されています。ここには注意が必要ですね。

キャピキシルの正規品というか、キャピキシルが3%以上含有されている商品の見分け方としては、このエンブレムが掲載されているかどうかが目安となります。

capi

このエンブレムが商品ページに掲載されていないものは避けたほうが良いかと思います。

僕が調べた限りでは、今のところDeeper3Dとザスカルプ5.0Cのみにこのエンブレムが付属していました。

どちらもキャピキシルを5%配合している証拠となるでしょう。また、開発会社のカナダのLUCAS MEYER COSMETICS社がキャピキシルを使用することを認可している証にもなります。

生産も日本で行われているので信頼できるものだと思います。

 

Deeper3Dとザスカルプ5.0Cではどちらが効果が高いのかという疑問も出てくるかと思いますが、僕の感じたところではどちらも変わらない育毛効果があると感じています。

まあ、配合されているキャピキシルがどちらも5%なので当たり前なのかもしれませんが。。。成長因子は微妙に違った切り口ではありますが、大事なのはキャピキシルという成分だと思います。

もしも、キャピキシルのジェネリック医薬品をお探しだった方は参考にしてください。

本気で生やしたい人が使うべきなのは「キャピキシル」

kapu

これからの育毛に「キャピキシル」という育毛成分は必須です。薬局に売られているサク◯スなどを使っても気休めにもなりません。

本気で生やしたいならキャピキシル配合の育毛剤を取り入れましょう!

矢印

キャピキシルと併用がおすすめな育毛サプリ「ボストン」

副作用の心配がなく、プロペシアなどのフィナステリドと同じ5αリダクターゼの阻害に効果てきめんな育毛サプリ「ボストン」。ノコギリヤシは薄毛改善にイチ押しです!

ボストン

コメントを残す