キャピキシルと併用することで育毛効果が飛躍的に上がる育毛サプリ「GUNGUN」

ミノキシジルはプロペシアなどのフィナステリドを
有効成分とする医薬品と併用することで画期的な育毛効果を発揮します。

僕が長年育毛に携わってきた結論からいうと、
この「併用する」というのはキーポイントとなることは間違いありません。

			
まずはこちらをぽちっと!

単体ではそこまで効果を実感できなくても併用することで
飛躍的な発毛・育毛効果を実感することもできるのです。

そこで、今回はミノキシジル+プロペシアのように
併用して効果のある育毛セットをご紹介してみたいと思います。

ただ、いずれにしても万人に効果のあるものは存在せず、
人それぞれ合う合わないということを
念頭に置いて実践してもらいたいなと思います。

 

まず、冒頭でもでました、ミノキシジルとプロペシアの組み合わせです。
これはそれまで薄毛は諦めるしかないという一般のイメージを覆すものでした。

しかし、ミノキシジルもプロペシアも少なからずの副作用があり、
リスク無しで取り組めるものではありません。

言うなれば
「髪の毛を取り、副作用というリスクを背負う」ものでした。

実際の副作用と言ってもその数値は低いものですので
大げさかもしれませんが、やはり副作用という言葉自体に
抵抗がある人もいるのではないでしょうか?

 

僕としてはなるべくリスクを抑えた育毛を目指していますので、
ミノキシジルとプロペシアの組み合わせは胸をはっておすすめはしていません。

そこで、副作用をなくした育毛セットが、
「Deeper3D」と「育毛サプリGUNGUN」の組み合わせなのです。

de+gungun

Deeper3D+GUNGUN

まず、Deeper3Dにはキャピキシルと成長因子が配合されており、
加えてモンゴロイド伝承成分が育毛に直結した効果を発揮します。

そして、育毛サプリGUNGUNには
「ノコギリヤシ」という成分が配合されています。

ノコギリヤシと言うのは、プロペシアなどに含まれる
フィナステリドと同じように薄毛の要因となる
5αリダクターゼを阻害してジヒドロテストステロンの
生成を抑制する効果があります。

プロペシアと比べるとその効果は少し劣るようにも思いますが、
キャピキシルと併用することでその効果を最大限高めることが可能です。

また、プロペシアなどは2型5αリダクターゼの
阻害にしか効果を表しませんが、ノコギリヤシは1型、2型の
どちらの5αリダクターゼも阻害しますので、薄毛のタイプを選ばず効果的です。

1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼの違いは、
簡単に説明すると皮脂性の薄毛
(頭皮が皮脂でギトギトの人がなる薄毛)か、
体毛が濃いタイプ(胸毛やひげが濃い人がなる薄毛)の違いです。

1型5αリダクターゼが皮脂性の薄毛、
2型5αリダクターゼが体毛が濃い。

こんな感じで分けられます。

つまり、プロペシアは皮脂性の薄毛の人には
あまり効果を発揮しないというデメリットがあるのです。

それをノコギリヤシは補っているということです。

 

また、Deeper3Dなどのキャピキシルにも
5αリダクターゼの阻害効果がありますので、
効果がアップするんですね!

それに加えてミノキシジルの3倍の育毛効果が
あるので併用することがおすすめというわけです。

これはどちらも副作用がありませんので、
安心して使用することができますね。

 

他にも、ミノキシジル+キャピキシル、
プロペシア+キャピキシルという組み合わせでも薄毛対策に有効です。

ただ、ひとつだけ注意が必要なのが、
ノコギリヤシ+プロペシアの組み合わせです。

 

プロペシアとノコギリヤシは作用が同じですので、
この2つを併用するとプロペシアの副作用を
助長させる可能性がありますので、
この組み合わせだけは避けたほうが良いと思います。

より副作用の影響をうけやすいのです。

併用といっても何でもかんでも併用すれば良いというわけではなく、
相性もしっかりと理解した上で併用してみましょう!

本気で生やしたい人が使うべきなのは「キャピキシル」

kapu

これからの育毛に「キャピキシル」という育毛成分は必須です。薬局に売られているサク◯スなどを使っても気休めにもなりません。

本気で生やしたいならキャピキシル配合の育毛剤を取り入れましょう!

矢印

キャピキシルと併用がおすすめな育毛サプリ「ボストン」

副作用の心配がなく、プロペシアなどのフィナステリドと同じ5αリダクターゼの阻害に効果てきめんな育毛サプリ「ボストン」。ノコギリヤシは薄毛改善にイチ押しです!

ボストン

コメントを残す