キャピキシルの育毛効果は一体どんなものなのか?成分を詳しく調べてみた!

最近話題の育毛成分「キャピキシル」は、発毛効果抜群と言われてきたあのミノキシジルの3倍の効果があると、今では育毛に興味のある人なら一度は聞いたことのある成分です。

そこで、キャピキシルとは一体どうゆう育毛成分なのかを調べてみたので参考にしてください。

			
まずはこちらをぽちっと!

キャピキシルを始めて開発したのはカナダの化粧品開発会社です。(LUCAS MEYER COSMETICS社)

capikisiru1

由来するのはアカツメクサと呼ばれる植物(マメ科)です。別名ではレッドクローバーとも呼ばれています。

このアカツメクサには、育毛に効果的な有効成分であるイソフラボン類が豊富に含有されていて、ヨーロッパでは伝承されているものです。

そして、有効成分であるイソフラボン類の中でも”ピオカニンA”には、プロペシアなどと同様の5αリダクターゼの阻害効果が確認されています。

※5αリダクターゼとは、男性型脱毛症の原因となる還元酵素でこの5αリダクターゼと男性ホルモンが混ざり合うことで抜け毛が進行すると言われています。

 

ピオカニンAの他には”アセチルテトラペプチド-3”と呼ばれる細胞外マトリクスを修繕する作用のあるアミノ酸成分が含まれています。

これには、毛包の構造を維持する高い効果が確認されています。

 

このことから、キャピキシルとはピオカニンAとアセチルテトラペプチド-3が備わった有効成分のことを指します。

つまり、キャピキシルは抜け毛を抑えながら発毛を促す優れた育毛成分と言えるのです。

 

キャピキシルが登場する以前では、ミノキシジルプロペシアなどのフィナステリドを併用することが最善とされてきましたが、如何せんこれらには副作用がありました。

副作用はそれほど重度のものではありませんが、やはりリスクは抑えるのが定石です。

その点、キャピキシルには副作用が一切ありません。その上でミノキシジルの育毛効果の3倍相当に当たるのでおすすめというわけです。

もちろん、薄毛の進行具合やタイプによっては効果に差が生じるケースはありますが、効果のない市販の育毛剤をなんとなく続けている人はキャピキシルに切り替えることをおすすめします。

これからは、効く育毛剤と効かない育毛剤がはっきりしてくると思います。量産された売上重視の育毛剤はやめて効果を追求した確かな育毛剤で意味のある育毛生活を送ってみてはいかがでしょうか?

本気で生やしたい人が使うべきなのは「キャピキシル」

kapu

これからの育毛に「キャピキシル」という育毛成分は必須です。薬局に売られているサク◯スなどを使っても気休めにもなりません。

本気で生やしたいならキャピキシル配合の育毛剤を取り入れましょう!

矢印

キャピキシルと併用がおすすめな育毛サプリ「ボストン」

副作用の心配がなく、プロペシアなどのフィナステリドと同じ5αリダクターゼの阻害に効果てきめんな育毛サプリ「ボストン」。ノコギリヤシは薄毛改善にイチ押しです!

ボストン

コメントを残す