キャピキシルには初期脱毛がない!安定した発毛力が魅力!

初期脱毛という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

これは、ミノキシジルを育毛に取り入れたときに起こる
脱毛時期のことを指します。

キャピキシルにも同様に初期脱毛があると勘違いする人が
いますが、キャピキシルには初期脱毛はありません。

			
まずはこちらをぽちっと!

syokidatumou

まず、初期脱毛がどうゆうものかを説明していきます。

 

初期脱毛はミノキシジルタブレットやポラリスなどの用量が多い
ミノキシジルを使うと起こる脱毛のことです。

脱毛と聞くと嫌なイメージがありますが、
この初期脱毛は非常に大事なステップとなります。

 

ミノキシジルの作用は血圧降下剤と同じですので、
血管を拡張する効果があります。

血管が薬の作用で押し広げられることで血流がよくなります。

 

そうすることで、それまで頭皮の毛細血管に届いていなかった
血液が巡るようになりますので、栄養が行き届きます。

 

この流れがミノキシジルが発毛を促進する理由です。
そして、ここから初期脱毛が始まります。

なぜ、初期脱毛が起こるのかというと、
ヘアサイクルを正常に戻すためです。

毛髪にはヘアサイクルがあります。
成長期→退行期→休止期の順です。

成長期はおよそ6年程度続きます。これが正常です。

ですが、AGAなどの男性型脱毛症を発症している人は
この成長期が1年、2年など非常に短くなっています。

 

この成長期を正常に戻すためには休止期にある
毛髪を一度抜け落としてしまわないといけません。

 

つまり、もう成長しないなんとか頭皮にくっついているだけの
髪の毛を一度初期脱毛で抜いてしまい新しく
元気な毛を生やすために初期脱毛があるのです。

 

なので、初期脱毛が始まったということは
ミノキシジルが効いているということなんです。

初期脱毛が始まることでびっくりして
ミノキシジルをやめてしまう人もいるようですが
それはもったいないので我慢するべきです。

 

ということで、初期脱毛については理解できたと思います。

では、キャピキシルには初期脱毛があるのかというと
キャピキシルには初期脱毛はありません。

 

ミノキシジルの3倍効果があると聞くと
初期脱毛も3倍あるのでは?と疑う人もいるかもしれませんが、
そもそもキャピキシルとミノキシジルは作用が違うので
ミノキシジルと同じ手順で発毛するものではありません。

 

キャピキシルは成長因子とアセチルテトラペプチド-3の
セッションにより抜け毛を抑えて発毛を促進します。

血行を促進しないわけではありませんが、ミノキシジル
とはまた違ったアプローチなのです。

 

成長因子が毛髪の成長に直接作用しますので、
一時的に脱毛が増えるということもありません。

 

なので、初期脱毛なく発毛を促したいという方は
キャピキシル配合のDeeper3Dなどがおすすめです。

どうぞ、参考にしてください。

本気で生やしたい人が使うべきなのは「キャピキシル」

kapu

これからの育毛に「キャピキシル」という育毛成分は必須です。薬局に売られているサク◯スなどを使っても気休めにもなりません。

本気で生やしたいならキャピキシル配合の育毛剤を取り入れましょう!

矢印

キャピキシルと併用がおすすめな育毛サプリ「ボストン」

副作用の心配がなく、プロペシアなどのフィナステリドと同じ5αリダクターゼの阻害に効果てきめんな育毛サプリ「ボストン」。ノコギリヤシは薄毛改善にイチ押しです!

ボストン

コメントを残す