新育毛成分「キャピキシル」には副作用の心配がない!だから安心!

ミノキシジルを超える育毛効果として注目の「キャピキシル」ですが、
育毛剤の副作用に頭を抱えている人も少なくないかもしれません。

ですが、キャピキシルは高い育毛効果がありますが、副作用が一切ないので安心です。

			
まずはこちらをぽちっと!

キャピキシルに含まれる有効成分は、アセチルテトラペプチド-3とピオカニンAというものです。

これはイソフラボンやアミノ酸の一種であり、植物由来の成分です。イソフラボンは大豆などにも含まれるむしろ体に必要な栄養素です。

 

このキャピキシルには、血管を拡張し血行を促進する効果がありますので、それまで頭皮の毛細血管まで行き届いていなかった栄養素をしっかりと届けることができるようになります。つまり、発毛促進の効果です。

例えば、ミノキシジルだと血圧降下剤から開発された発毛剤ですので、低血圧の人が使用すると血圧が低下してしまい、動悸や胸に痛みを感じるといった副作用がありますが、キャピキシルの場合だとそれはありません。

 

キャピキシルには血管を広げる作用はありますが、血圧を下げるといった作用がないからです。

また、キャピキシル配合の育毛剤などでは、同時に「成長因子」を頭皮に与えることができるので効果が飛躍的にアップします。

seichouinsi

成長因子とは、細胞分裂を司るタンパク質のそれであり、人間はそもそも細胞によって構成されているので成長因子は体内に必要な因子なのです。

ですが、薄毛の人は頭皮の成長因子が減少しているために頭皮直下の毛母細胞が細胞分裂しにくい状況にある可能性が高く、細胞分裂が活発でなくなり頭髪も成長しなくなるのです。

新しい細胞を創りだすのに必須といってもいい成分が成長因子なのです。

 

少し前までは育毛にはプロペシアとミノキシジルしか効果が期待できないという声もありましたが、これからはキャピキシルがあります。

副作用の心配をせずに、尚且つ着実に発毛を促していくためにもキャピキシルはおすすめなのです。

本気で生やしたい人が使うべきなのは「キャピキシル」

kapu

これからの育毛に「キャピキシル」という育毛成分は必須です。薬局に売られているサク◯スなどを使っても気休めにもなりません。

本気で生やしたいならキャピキシル配合の育毛剤を取り入れましょう!

矢印

キャピキシルと併用がおすすめな育毛サプリ「ボストン」

副作用の心配がなく、プロペシアなどのフィナステリドと同じ5αリダクターゼの阻害に効果てきめんな育毛サプリ「ボストン」。ノコギリヤシは薄毛改善にイチ押しです!

ボストン

コメントを残す