ピディオキシジルって何?凄い育毛成分ってホント!?

ボストンスカルプエッセンスの評価が非常に高くて驚いています。どうも、キャピキシル野郎です。

キャピキシルに続いて「ピディオキシジル」が業界では話題沸騰中ですので、今回はピディオキシジルについて詳しく解説していこうと思います。

			
まずはこちらをぽちっと!

まず、ピディオキシジルは又の名を「ミノキシジル誘導体」と呼ぶようです。これはピディオキシジルの化学式が限りなくミノキシジルに近いことからそう呼ばれているみたいです。

ミノキシジルの効果は私自身もよく知っているので、その名を継承するピディオキシジルの期待値がそれだけでも高いことがわかりますよね。

で、日本で初めてピディオキシジルを配合した育毛剤を開発したのが育毛サプリで有名な「エスロッソ」という会社です。主に育毛関係の商品を手がけている会社ですね。

esens03

その商品はボストンスカルプエッセンスです。この育毛剤にはキャピキシルが5%とピディオキシジルが1.5%配合されています。他にもDeeper3Dザスカルプ5.0Cのように成長因子が含まれているので最低でもDeeper3Dやザスカルプ5.0Cと同等の育毛成長力があるわけです。

私、キャピキシル野郎もこれまで様々な育毛剤を使ってきました。そして、薄毛を克服したわけですが、私が育毛に成功した大きな要因にキャピキシルがあるわけです。

というよりも、キャピキシルが登場しなければ私の育毛ライフはもっと困難だったことは間違いないわけです。そして、今回新たに登場した「ピディオキシジル」もキャピキシル同様革命的な成分であることは容易に予想できます。

私は、キャピキシルやピディオキシジルが出る前は、ミノタブとプロペシアで育毛していました。当然、副作用と戦いながらです。

それは、やはり年を重ねていく毎に辛くなるものでした。でも、去年キャピキシルが登場してから私の育毛生活は一変したんですね。

最初はキャピキシルなんて本当に効くのか?と疑っていましたが、半年ほど続けることでその効果を実感することができるようになり、今ではミノタブを卒業するまでに至りました。

おかげで動悸やむくみ、多毛症とお別れすることができたのです。

ピディオキシジルは、育毛大国韓国ではすでにメジャーとなっていてかなりの注目を集めています。まだ日本ではボストンスカルプエッセンスにした使用されていないので無名といえば無名ですが、今後キャピキシル同様メジャーになってくると思います。

また、ピディオキシジルはミノキシジルと同じような作用がありますが、ミノキシジルのような重篤な副作用はありません。より安全に育毛に専念できる時代が到来したわけです。

一昔前までは、禿げたら諦めるしかないと思われていたのが、時代の移り変わりとともに変化していっているわけです。諦めなくてよかったぜ!

多分、私の頭は諦めていたら毛根も死滅し取り返しのつかないことになっていたんだと今思うと背筋が凍ります。もがいてもがいている内に時代が追いついてきてくれたのだと感謝しています。

また、ピディオキシジルは化学研究開発専門の雑誌である「フレグランスジャーナル誌」にも掲載されていますので化学的にも有効な成分であることが証明できます。

ミノキシジルと近い成分ということで頭皮に与えてくれる影響はとても期待できるのです。さらにボストンスカルプエッセンスには、フラーレンという成分も配合されています。

フラーレンはノーベル賞レベルに貴重な成分として知る人ぞ知る成分です。これは頭皮環境を整える意味でも有効だと思います。

そのほかにも「覚醒因子」と呼ばれるものも入っています。これは本来人間持っている若々しい頭皮環境を整えてくれるもので、これまた育毛には必要不可欠なものなんですね。

僕の長い育毛生活の中で結論が出たのは、「キャピキシル」と「ピディオキシジル」は育毛に取り入れろ!ということです。

ブ◯カとかチャッ◯アップみたいに宣伝費かけまくりの効かない育毛剤を使うよりもはるかに効率的な育毛ができることは間違いないと思います。

本気で生やしたい人が使うべきなのは「キャピキシル」

kapu

これからの育毛に「キャピキシル」という育毛成分は必須です。薬局に売られているサク◯スなどを使っても気休めにもなりません。

本気で生やしたいならキャピキシル配合の育毛剤を取り入れましょう!

矢印

キャピキシルと併用がおすすめな育毛サプリ「ボストン」

副作用の心配がなく、プロペシアなどのフィナステリドと同じ5αリダクターゼの阻害に効果てきめんな育毛サプリ「ボストン」。ノコギリヤシは薄毛改善にイチ押しです!

ボストン

コメントを残す