キャピキシルとミノキシジルの効果を実際に育毛剤を使用して比較してみました。

薄毛や抜け毛で悩んでいる人にとって、スカルプケアや育毛剤選びは
とても大切なことはいうまでもありません。最近ではAGA治療薬など、
効果がしっかりと実感できる薄毛・抜け毛の治療薬も登場しています。

AGA治療薬の一つに内服するタイプのプロペシアやミノキシジル、
外用にはミノキシジルやキャピキシルという治療薬があります。

			
まずはこちらをぽちっと!

capimanzokudo

プロペシアはもともと前立腺肥大症の治療薬として開発されて
医薬品で、ミノキシジルは高血圧を治療するために開発された医薬品でした。

これらの医薬品を服用すると男性ホルモンによる発毛阻害がなくなり、
また毛母の細胞分裂が活性化されることから発毛するという副作用が生じます。

この発毛作用に着目して開発されたのがこれらの成分が含まれた育毛剤なのです。

私の場合は一刻も早く発毛の効果を実感したいことから、
内服用のプロペシアと外用のミノキシジルを配合された育毛剤を
併用することにしました。

この二つを併用すると効果が倍増するということを耳にしていましたので、すぐにネットで2種類の育毛剤を購入しその日に試してみたのです。
すると効果は抜群でした。

使用して10日過ぎた頃から枕についていた抜け毛がほとんどなくなり、
1か月目には一目でわかるくらいに後頭部に薄毛が生えてきたのです。

このまま続けてみようかと思いましたが内服薬を飲み続けるのには
抵抗がありましたので、半年目には外用の育毛剤のみを使用することにしました。

ところが1年が過ぎた頃から、発毛のスピードが鈍り始めました。

そして私自身、もっと効果のある育毛剤を試してみたいという気持ちになっていました。

今までの育毛剤と比較してみて、プロペシアとミノキシジルは
いちばん効果がありましたが、もっとフサフサ感が欲しかったのです。
そこでネットで調べてみて見つけたのが、キャピキシルという育毛成分です。

キャピキシルは今まで使用していたミノキシジルと比較して、
なんと3倍もの育毛効果があるというではありませんか。

その上プロペシアやミノキシジルのような低血圧や頭痛などの
副作用も比較的少ないということでしたので、
これは試さない手はありません。

早速キャピキシル配合の育毛剤を購入し、
その日から頭皮に振りかけて丁寧にマッサージしました。

やはり効果はキャピキシルの方が早く出ました。

1週間目には早くもボリューム不足だった後頭部から、
しっかりと太い毛が生えてきていました。

そして1年経った今では、20代の頃とはあまり変わらないくらいの
ボリュームになっています。

今ではシャンプーした後のブローが楽しくて仕方ありません。

本気で生やしたい人が使うべきなのは「キャピキシル」

kapu

これからの育毛に「キャピキシル」という育毛成分は必須です。薬局に売られているサク◯スなどを使っても気休めにもなりません。

本気で生やしたいならキャピキシル配合の育毛剤を取り入れましょう!

矢印

キャピキシルと併用がおすすめな育毛サプリ「ボストン」

副作用の心配がなく、プロペシアなどのフィナステリドと同じ5αリダクターゼの阻害に効果てきめんな育毛サプリ「ボストン」。ノコギリヤシは薄毛改善にイチ押しです!

ボストン

コメントを残す