ミノキシジルとキャピキシルは併用すると効果が更に高まるので試す価値あり!

薄毛になり、育毛に興味を持ち出すと必ず行き着くのがミノキシジルという
発毛剤ではないかと思います。もしくはプロペシアなどもそうですね。

ミノキシジルというのは、血管拡張剤から発毛の副作用があることが発見され
そこから発毛剤として研究されてきた成分です。

			
まずはこちらをぽちっと!

つまり、元々は高血圧の患者さんに投与していた薬の副作用を有効活用しているのですね。

高血圧の人がミノキシジルを使い血圧を下げる努力をしていたところ、全身の毛が徐々に濃くなってきたというところが発端みたいです。

gorira

それを応用して育毛剤として販売されたのが始まりです。確かに、ミノキシジルの発毛力は本物で、多くの薄毛の方を救ってきた素晴らしい薬です。

しかし、薬ですので副作用が必ずある。というところが引っかかるところです。

ミノキシジルには、タブレット型とローションタイプがあります。

タブレット型は「ミノタブ」と呼ばれる経口薬で、これは体の内側から血管を拡張しますので、全身の毛が濃くなる「多毛症」という副作用が出ます。

他にも、血管を広げる作用から血圧が下がったり、胸痛、動悸などの副作用が確認されています。顔にむくみが出るという方もいます。

一方、ローションタイプのミノキシジルは頭皮に直接塗るだけですので大きな副作用はありませんが、頭皮の痒みやかぶれなどの副作用が出ることがあります。

 

この2つのミノキシジルでどちらが発毛効果が高いかというと、やはり内部から効く
「ミノタブ」の方が発毛効果は高いです。

ですが、副作用も強いです。

 

そこで、おすすめな育毛法がミノキシジルローションとキャピキシルの併用です。

ミノキシジルローションも確かに発毛効果はありますが、薄毛がかなり進行している人にとっては少し物足りない感があることも確かです。

しかし、ミノタブだと副作用がきつくて続けられない。

そこで、キャピキシルを併用することで副作用の影響を減らした育毛に挑戦ができるのです。

これはかなりおすすめのやり方です。

実際に併用することで発毛に成功している人は大勢います。

 キャピキシルの併用で薄毛を克服している例

薄毛改善の近道にはキャピキシルが必須といってもいいと思います。これまでミノキシジルだけでは効果が得られなかった人もキャピキシルとミノキシジルを併用して最短距離で毛髪再生を狙ってみてはいかがでしょうか?

本気で生やしたい人が使うべきなのは「キャピキシル」

kapu

これからの育毛に「キャピキシル」という育毛成分は必須です。薬局に売られているサク◯スなどを使っても気休めにもなりません。

本気で生やしたいならキャピキシル配合の育毛剤を取り入れましょう!

矢印

キャピキシルと併用がおすすめな育毛サプリ「ボストン」

副作用の心配がなく、プロペシアなどのフィナステリドと同じ5αリダクターゼの阻害に効果てきめんな育毛サプリ「ボストン」。ノコギリヤシは薄毛改善にイチ押しです!

ボストン

コメントを残す